« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

20110311

現実はいつだって真実で
それ以上でも以下でもないんだけど
あまりにも自分の無力さを
痛感することが「出来すぎて」、本当に言葉がでません

何かわからないけど、動かされているかんじです

被災地の方々に
それぞれの道が
少しでも早く開けていけますように…

わたしはわたしは

この日本という国が死ぬほど好きです

海外にはむしろ正直ほぼほぼ興味ないです

留学したいと思ったこともない
その分日本のことを知りたかった
海外旅行でエステ観光ブランド買い物パワースポット

申し訳ないけどそんなことするぐらいなら
日本の47都道府県まわりたい
日本のこと知りたい 学びたい
自分の子供に日本のこと伝えたい

建造物 宗教 思想 芸術 言論 音楽

私の知らない日本はまだ山のようにあり
先人たちのことも尊敬しています

この小さい島国が、互いに支えて気づいてきた歴史

間違っていたことももちろんあって
失敗の数もハンパない

けれど世界と一緒に歩けて、歩かせていただけるようにまでなった

そんな日本を誇りに思います


私には別に右も左もありません
ただ、自衛隊が暴力装置といった仙石だけは絶対に許さない 許せない


じゃあお前が現場にいって何ができるんだよって
その「暴力装置」が命がけで今やっていることを
目の当たりにして同じこと言ってみろって思う


会社で自衛隊上がりの子がいて…
「同期はいま大変なんだろうね」って言ったら

「死体運んでるっていってました」

って、さらっと言ってた


つらいよね 何百何千という人の死に
毎日直面して 自分が助けることもできないその人たち

でもそうやって自衛隊の人たちがいなきゃ
現場なんて何もまわらないんだよ…

自分の感情を必死に殺して、そうやってこの国のために
働いてくれている人たちがいる。


それが東京で買い占めとかしてる奴、マジで許せない。

怒りはあ、笑顔よりも伝播しやすいから…
もうこのぐらいにしないと。

私はこの国を誇りに思っています。
木を見て森を見ず、こうなったらいけない。

今は、現場をとにかく応援しなきゃ。


寒いことぐらい、おれには余裕です。


がんばれ、日本、がんばれ、東北、がんばる、自分。

| | コメント (0)

先生の作品

好きだなあ

普通なんだけど、シンプルなんだけど
潔いっていうか
セレクト自体が粋みたいな

Pict0015

もっともっとお花のことや植物のこと知りたい

| | コメント (0)

NEW ONE.

新しいカメラを買いました
超ちゃっちいし、めちゃ軽いんだけど、
なんかゆるくて、好きです

Pict0001

Pict0003

Pict0013

ピンボケしまくりも、まあ 愛嬌

| | コメント (0)

王子よ 君は

新卒で入った会社に戻ってきて、
もう1年もたったのかと思うと、本当にこの1年、全力疾走だったなあと思う…

決してよくできたとか、がんばったということではなく、
本当に物理的にこなしてきたということで。
だからほめられたわけでもなんでもない。
俺は自分がとても自分が望むようなパフォーマンスができているとは思えないからね…
まわりが評価しても自分が一番納得していない。
だからいやなんだ。


そんなことを考えながら、お昼に…


数か月ぶりに王子と遭遇。


王子は王子のままでした。
4年前のあの日のことが、ほんと昨日のように感じます。

そうです、王子は王子のままなのです。

私は…私のままだったのかな?
この4年間、王子より王子以上の人は最終的にはいなかった。

忘れられない人を引きずって、
いつまでも彼氏ができない友達を引き合いに「いつまでもあんなんじゃねー」なんて
みんなが話をしているとき、
決してそれがひとごとではないと俺自身ずっと思っていた

彼氏がいても、その人のことをずっと大切にしなくてはと思っても
これが愛されるということなのかとわかるようなことがあっても

王子が目の前にいれば、自分はあのときから前に一歩も進めない

王子が何も変わっていなければ、変わっていないだけ

おれが変わっていたら、また違ったのかな


そうこうしていたら、
夜 夢にまで王子が出てきて

夢の中で私に話す王子も変わっていなかった

悲しいのは結婚して、4歳の女の子がいるということを話されて
奥さんは在日韓国人

別に在日韓国人がいやだっていうわけじゃない
なんでそこまで話すんだって そう思った

おれが知りたいわけじゃない
おれが知りたいのはそんなことじゃないの、王子だってわかってるじゃん

どうしてそうやって、前の彼女の話も詳細におれに言ったけど
それだって何なんだって

だから、つらかったし、悲しかった
けど、最後王子は「お前を送っていかないといけないからな俺は」って
「泊まりになるの?」って
起きたら泣いたよ

夢で全部現実のことじゃないっていうのわかってる
わかってるんだよなー

王子がそのままであればあるほど
おれは身動きとれません
とれないことをむしろ望んでいた?

どうしていいのかわからない


くるしい
つらいよ

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »